ヒビノ日記

高知県高知市で生活する日々の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名前は忘れたけれど

最近、幡多方面の出張が多いのです。
中村に宿毛、土佐清水。
同じ県内でも幡多のほうにいくと、じりっと若干日差しがつよくなり、
空気ものんびりしているのは、気のせいだけじゃあ、ないはず。



今日の喫茶店の話は、おそらくもうやってない店の話です。
その主人は最近亡くなられた、ということを偶然耳にしました。
さとりさん、そんな名前なのかニックネームなのか、確かそんな名前の人。
店の名は忘れました。
なんせ4、5年前に、1度行ったときの記憶なので。



そのときもたしか、2月か3月か、ちょうど今頃の季節で
おや、もう春を通り越したか、というぐらいの日差しと陽気の日。
安く入手したおんぼろの車、窓全開で風を浴びながら足摺岬あたりをうろうろしてるときに
たまたま店の前を通り過ぎたのでした。



363811289_23.jpg



近所の人の、物置的な空間なのかなと、一度通りすぎ、引き返しまた通り過ぎ、
でもやっぱり一枚写真とっときたいな。
もういちど前をゆっくり通ったとき、主が手を振ってくれて。
顔なんか全然覚えてないけど、この店にぴたりとおさまるような、そんな主でした。



コーヒーとマフィンかなんかを食べながら、ここの店は自分でデザインしたんだ、
隠れ家みたいなもので、というようなことを言ってたかな。
妙に気があって話も弾み、また寄ってよ、うんまた寄りますね、といったまま。

それっきり。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/23(水) 21:26:57|
  2. 高知喫茶探検
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本物の日曜日。

毎日が日曜日、ではなくて。
今日が日曜日。



DSCF2725_convert_20091220090200.jpg



春が、近づいてる。
どこからか、よっこらしょう、と一歩ずつやってきてるのでしょう。


  1. 2011/02/20(日) 15:18:59|
  2. 近所の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

永野旭堂の逆襲

菓子パンというのでしょうか、甘いパン。
コンビニだったらヤマザキとか、神戸屋とかの。アンパンにジャムパン。


そんな大手メーカーにまぎれつつ、キャッチーな名前とオリジナルなメニューで
不思議な存在感をかもしだしている菓子パン。
永野旭堂はそんなパン屋さんです。
たぶん、高知ローカルですよね。



DSCF3147.jpg



全種類コンプリートを目指して、スタートしました。
といってもコンビニにない、近所のサニーマートにもない。いきなり挫折か。
と思ったら、イオンにあった。まず2個から。そんなに食べられないしね。



DSCF3151.jpg



どれ、ニコニコパンから。ニコニコ、だもんね。メソメソパンじゃなくてよかった。
むう、これは。じゃりじゃり砂糖クリーム。
正直言って安っぽい味なのに、ほっとする。
懐かしいと思うけど、べつに、この手の味に昔なじんだ、ってことはないなあ、考えてみたら。



DSCF3156.jpg



次、チョコパイいこう。
チョコが中に入った、パイ。これはいたってオーソドックスだ。
と思ったら、パイ生地がちょっとしょっぱい。なんとなくってぐらいのレベルだけど。



それにしても。パイ生地はぼろぼろこぼれる。
机のうえなんか大変だ。おっとパソコンの隙間に。気が抜けない。
こういうのは屋外でパイ生地をばんばんこぼしながら、ほおばるといいでしょう。



DSCF3168.jpg



これはサンプラザで発見。マーブルチョコバター
マーブルって大理石だっけ。どのへんがマーブルなのか。
そういやマーブルチョコっていうけど、あれはいったい。
まあ、いいいか。花柄がかわいいのです。



DSCF3176.jpg



ほう、クリームのところどころにチョコが入ってる。
天井が写真に写ってるのは、寝転び食いをしたから。
コンプリートの道はまだまだ続きます。
  1. 2011/02/20(日) 02:12:08|
  2. ロコフードを食べる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思い違い

「新燃岳」のことを、最近まで「新萌え岳」だと思ってました。





けっこう恥ずかしいです。

  1. 2011/02/17(木) 20:52:17|
  2. 近所の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毎日が日曜日なら

毎日が日曜だったら、どうですか。
毎日休み、ひねもすのたり。


やっぱり平日あっての週末だよ、仕事あっての休暇。
そんなのすぐ飽きるね、耐えられないよ。


そうかな、わりといけそうな気がするけど。
そんな根拠のない自信が、あります。




今日は日曜社。イオンの近くね。
イオン行ってぐったりした後、行くといいのです。


DSCF3142.jpg



眼鏡の、夫婦かな、もの静かそうな二人の店。はっぴいえんどが流れて、カリモクのソファがある。
そして、今日もあんまり混んでない。よかった。
置いてある、深夜食堂ってマンガを読破するつもりで久々に来ました。



DSCF3137.jpg



昭和焙煎、いや昭和ブレンドだったかな。450円。
ちょい深煎りの、たしかに昭和かな、という味で、好みの味です。
今日も読み切れなかったので、また。

  1. 2011/02/13(日) 03:22:10|
  2. 高知喫茶探検
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高知県のイメージ

先日、こんぴらさん(刀比羅宮)に行ってきたのです。


こんぴらさんには高橋由一館というのがあって。
高橋由一といったら日本の油絵、西洋画の第一人者、あの「鮭」の絵の人。
これは見逃すまい、ということで足を運んだのですが。
み、ミッフィー一色じゃないか。ゴーゴー・ミッフィー展開催中。
由一の絵がないぞね。


DSCF3088.jpg


ミッフィーといったら巷のいうところのうさこちゃんであって、
ファンシー系の代表選手でしょ、三十路男にきついぜ。
でもまあ、せっかくだからということで。


結論としては、ものすごく楽しめました。
ディック・ブルーナのグラフィックデザイナーとしての魅力がたっぷりなわけで。
シンプルな線と色彩。とくに顔の見えない、後ろ向きのミッフィーにぐっときます。
目録(2,400円、高いよ)を買って、ご機嫌の帰宅。


話は、うんとかわって。
高知県の話。高知県は県名としての知名度はあるけど
実際に訪れたことある人、というと、ぐんとその数は下がってしまうと思うんです。
そこで、そんな、高知に来たことない人の中の、勝手な高知イメージを訊いてみたい。
では、東京の知人に電話をじーこじーこ、違うピッポッパ。


A:あー久しぶり、どう。
B:どうってこともないけど。東京に、たまには飲みに来なよ。


A:今日は高知のイメージを訊きたいんだけど。
B:あー、四万十川、龍馬、土佐藩ってとこかな。
A:あーやっぱり、幕末系?
B:そう。じゃけんのう、とかいうんでしょ。~ぜよ、とか。
A:じゃけん、それは広島じゃないの?
B:あーそうだっけ。あっあれだ、やめてつかぁ~さい、とか
A:あんまり聞いたことないけど。


A:高知県人のイメージはどうかな。
B:酒が強くって漁師。一升瓶枕に寝てる、みたいな。
A:酒は確かに好きかな。でも一升瓶が枕じゃあ肩こると思うよ。


DSC_0005.jpg



A:高知のことで何か知ってる?
B:司牡丹、龍馬、かつおの一本釣り、でこぽん?、トマト、吉田類。
A:でこぽんは九州のほうじゃないかなあ。吉田類とは渋いね。さすが酒好き。
B:いいから早く飲みに来なって。こないだもさあ、飲んで記憶が。
A:記憶が?
B:うん、記憶が無くなって。気づいたら、道路と歩道の間に街路樹あるじゃない。
  あの植え込みに体が半分刺さったまま寝てた。
A:あーそうなんだ、それ以上は聞かないでおこうかな。


A:高知の酒でも飲みに来なよ、どう、旅行で。
B:そうねえ、酒がうまい、雄大な自然ってイメージはあるけど。
A:あるけど?
B:自然はさー、きれいだなーって眺めても3分あれば十分だし。
A: ・・・まあね。
B:多分、高知県は、これ、という観光地とか名産品とかそういう魅力じゃあないんじゃないだろね。
A:そうかも。
B:酒飲んで寝込んで翌日は陽がさんさんと照ってる、みたいな。
A:なんだそれ。話がよくわからないけど。


知人が高知に来る日は、まだ先になりそうです。

  1. 2011/02/09(水) 20:21:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名前で圧勝

今朝は皇帝へ。
大橋通のローソン上ですね。
よく通るのに、しばらく存在に気づかなかったのは、たぶんアーケードの屋根で隠れているから。
それに、入り口が通り沿いにないし。


DSC_0004.jpg


ここは純喫茶系。
東京に伯爵って、やたらデコラティブな珈琲チェーン店がありますが(巣鴨店がいい)
それをちょっと思い出しました。
こっちは皇帝だもんね、圧勝です。


こじゃれたカフェもいいけど、これはこれでいいのです。
扉をあければ、ちょっとくたびれた内装にクラシックの名曲が。
くるみ割り人形。雑誌片手にモーニング。休みの朝のとろりとした空気。
そうそう、雑誌でいえば珍しくpenとかa+uもあったりして楽しめます。


DSC_0021.jpg


席は窓際としよう。
ちょうど電車通りの交差点が見下ろせるので、
雑誌に飽きたら行き交う人を眺める。


車や電車や人があっちこっちに向かってるのを眺めるのは楽しくないですか。
電車の車窓から流れる景色を見るみたい。ちょっと違う気もするけど。



DSC_0030.jpg


モーニングはたしか450円。
まあ特に味にコメントはないです。場所代と雑誌代、ということで。


  1. 2011/02/05(土) 23:59:08|
  2. 高知喫茶探検
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。