ヒビノ日記

高知県高知市で生活する日々の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お菓子のロイヤルファミリー

ブルボンってお菓子メーカーあるじゃないですか。
あれは、ルイ14世に代表される、フランスのブルボン王朝の
末裔の人が開発したお菓子を扱ってるんです。
というのは嘘。
ホントだったらどうしよう。



それにしても。
ブルボンの菓子のネーミングは、どことなく
やんごとないとうか、情緒的というか
子供が考えるところの「オトナっぽい」というか
つまりは、独特の路線なのです。



では代表的な5つを、いっきに食べ比べ。
いやぁ、こうして並べるとなんか、うれしくなってきた。
ちょっとしたパーティーみたい。そんなパーティーみたことないけど。
よし、いくぞ。



DSCF3463.jpg



まずは、ルーベラ。
調べたところ、ルーベラというのは、ラテン語の「赤」。
ルビーの語源のようです。

正直、このお菓子が一番印象が薄い。



DSCF3468.jpg



ラングドシャのビスケット、ていうのかな。
シガレット、とか言う名前で似たようなお菓子があったような気がします。
さくっと軽い食べ心地。



DSCF3471.jpg



はい、次。ルマンド。
いよいよブルボンのネーミングセンスの本領発揮。
でも、意味は特にないみたい。



DSCF3491.jpg



うんうん、これ知ってる。
たべるとさくさくして、100%、かけらがこぼれるんです。
これは、ココアっぽい味が。



DSCF3481.jpg



はい、チョコリエール。
これが一番ふつうかも。
タルトっぽく固めたクッキー生地にチョコを流し込んであります。



DSCF3498.jpg



うん、想像どおりの味。
正直、これ、あんまりおもしろくないなあ。
名前も味も、普通です。



DSCF3504.jpg



次、バームロール。
ネーミングどおりの見た目と味。



DSCF3494.jpg



これ、一番好き。
今日もうっかり食べ過ぎました。
なんか、この白いしっとりと感が、うまいのです。



DSCF3478.jpg



でた、ついに来ました。ホワイトロリータ。
乙女菓子。ゴシックでロリータの服装した少女が
お菓子おひとつどうぞ、そんなイメージ。

と思ったら。違った。全然、違った。
ロータリー式に、くるくるまわしながらつくる、
そんな意味がロリータにはこめられているようです。

ふう、人に言う前に調べてよかった。



DSCF3487.jpg



名前が気になって、正直、味の印象を忘れてしまいました。



DSCF3489.jpg


ブルボンはお菓子の天才です。


スポンサーサイト
  1. 2011/05/24(火) 21:45:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<あめふりヒヤデス | ホーム | シャットダウン>>

コメント

こんにちは。始まりましたね、新シリーズ。それぞれ色んな食べ方をしてたのを憶えてます。ルマンドは小包のままバンバン叩いて粉々にしてスティックシュガーのように食べたり、チョコリエールは最初端のビスケット部だけ食べて最後にチョコレート部を食べました。バームロールは穴に小指を突っ込んでかじりついてましたね。
いやいや、また食べたくなりました。
  1. 2011/05/28(土) 18:00:05 |
  2. URL |
  3. アイさん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

小指つっこみ!
わかります。とんがりコーンは全指に突っ込んでました。
  1. 2011/06/01(水) 18:23:50 |
  2. URL |
  3. mos #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hibino365.blog122.fc2.com/tb.php/56-c1734ac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。