ヒビノ日記

高知県高知市で生活する日々の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アリがいて、ヒトがいて

働き者の代名詞、あのアリの集団のなかにも、
実は「働かないアリ」がいて、それが1つの集団あたり2割ぐらいいる。
という話があるじゃないですか。


実は、この働かないアリが、集団の維持に不可欠と、というような研究があって。
彼らは、いざという時のための、控え要員ということらしい。



DSC_0050.jpg



つまりは、働きアリ全員が、うんとがんばって働いて、みんな一度に疲れたり弱ったりしたら
エサ集めも滞るし、外敵に対しても弱みになる、というふうに
それは集団の維持にとっては危機が増すというわけで。
そうならないように、常に一定の割合の「働かないアリ」も集団に必要ということらしい。

短期的にみれば、なんかさぼって、ただメシ食べてウロウロしてるだけのアリが
なんで要るんだ、いなくていいじゃん、という話だけど。
長期的にみれば、この「働かないアリ」が集団の安定と維持に欠かせない存在となっているようです。


というところまでが、その研究の概要で、
それ以上でもそれ以下でもない話。
さて、それじゃあニンゲンは、などと考えるのは、やめておきます。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/16(金) 22:59:12|
  2. 近所の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<しめじはずっと生きている(たぶん) | ホーム | 年年歳歳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hibino365.blog122.fc2.com/tb.php/77-65d212e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。